詩を書いていたりします

時おり、詩のようなものを書いてきました。すみません。吐き出させてください。

奇妙なプレゼント

クリスマスの朝、子どもが一人で歩いていた。

明るくなっていたとは言え、八時前。

我が子らは朝寝坊で、まだ起きていなかった。

 

だが、その子は歩いていた。一人で。リュックをからって(からう、はここ福岡の方言で背負うの意味である)。

女の子だった。

 

一方、私はゴミ出しの真っ最中。カン、ビン、ペットボトルを分別して、回収場所に持って行くところだった。

それで鉢合わせになったのだが。

 

背格好は我が子らと同じくらい。学年も同じだろうか。あるいは一つ、二つ違いかも。

歩いてくるくらいなら、近所に住んでいるのか。

この子の親は今、どこにいるのか。

 

会話もない、ほんの一瞬の邂逅に、疑念はいつまでも幾つもわき続け、尾を引き、くすぶる。

しかし口には出さなかった。なぜか分からないが、出せなかった。

そのくせ、まだくすぶるので、こうして紙の上に書き出したわけだが。

 

その女の子は、私の疑念のまなざしに気づいてか、途中から駆け出した。

その先は押しボタン式の横断歩道。通勤ラッシュのさ中で、右から左から大小さまざまな車が忙しなく行き交っていた。

その先の路地に入っていけば、市民センターと呼ばれる施設。私が子どもだった頃なら公民館と呼ばれたであろう施設。

さらにそのむこうの陸橋を渡れば、児童館と呼ばれる施設。共働きなどの事情があって、両親のどちらも子どもの面倒を見られない場合に、子どもを預かってもらう施設。

 

 

私はクリスマスについて考えた。イエス・キリストの生誕を祝うのがクリスマスである。

少なくとも、イエス・キリストには両親がいた。動物臭に満ちた馬小屋で産まれたにしても、両親はそこにいたのだ。

のちに十字架で磔にされたにしても、幼少期には両親がいたのだ。

なのに、あの子は一人で歩いていた。

 

 

以上は、私が勝手に考えただけのことである。性別も時代も文化もありとあらゆる条件が異なる二人の子どもの境遇を、勝手に比較している。リュックをからった後ろ姿を見送りながら、勝手にくすぶっている。

何のために。

それが何の役に立つ。

お前に何ができる。

お前は誰だ。

考えるだけで、何もできない。

 

さあ、もう戻れ。家に戻れ。

お前が世話するべき子らはそこにいて、走り去ったあの子ではない。

自分に言い聞かせて、引き下がるしかない私。

やれやれ、そんな私には聖ニコラウスも石炭すらくれないだろうて。

 

いや。

あった。

もらっていた。

この朝。

この邂逅。

この苦み。

 

エスよ。

聖ニコラウスよ。

世間はあなた方の存在を疑うかもしれないが。

私はしかと受け取りましたよ。

何ができるか分からないが。

 

              2019.12.25

明日を待ちわびるとしても

期待するな

期待するな

期待なんか

しても裏切られるだけ

何回も経験しただろ

 

怒るにしろ

妬むにしろ

拗ねるにしろ

期待し過ぎただけじゃないのか

他人に

自分に

 

期待なんかしない

なのに

明日が来る

なのに?

 

期待なんかしない

明日が来る

期待なんかしてない

でも明日が来る

って

明日ってそんなものか

そんなもの

期待しないようなもの

そんなものを明日と言うのか

それが明日なのか

 

明日が来る

勝手に来る

こちらが何を思おうと明日が来る

とにかく来る

時間は止まらない

 

明日が来る

明日が来る

これからも

ずっと

明日が  

 

                       2018.8.28

応援頼む

ヒゲよ

何度剃られても伸びる健気なヒゲたちよ

そろそろ旅に出なよ

そこは鼻の下

あごの上

どちらでも君たちはあまり必要とされてないんだ

それより旅立つといい

たとえば頭皮とかにね 

そちらの方が大事にされるよ                               

 

                                                       2019.5.17

あえて言え、良かったと

呑み会の席

元社長の会長は

全て良かったと思え

そうおっしゃるのだ

過ぎ去った事は全て

良かった

そう思った方がいい

そうおっしゃるのだ

 

意地悪を言うつもりはないのだが

言われた一社員の僕には

思い出す事がいくつかある

許せない奴

屈辱

裏切られたという感覚

不信の思い

ああ会長あなた自身だって

元社長ですよ

それこそ僕の何倍もの苦みを

 

意地悪を言うつもりはないのだが

会長の事情を思い出す

たしか息子さんを亡くされましたよね

心不全か何か

部長が言ってましたよ

あなたの涙を見たのが僅か二回くらい

たしかその二回めだった

 

勝手ながら

僕はその事情と今日のあなたのお言葉を結びつける

死なれたのは悲しいが

会社を継がせなくて良かった

あのすさまじい心労を味合わせなくて良かった

会長あなたのお気持ちは

そんなところでしょうか

 

会長あなただって本当は

関係なかったんだ

でっかい夢だとか

事業展開だとか

そんなんじゃない

家計をやりくりため

生きていくため

必死だった

そう今だって

それなのに子を亡くす

 

仕事って何だ

仕事って何だよ

こんな思いまでして仕事して

 

だめだ叱られそうですね

簡単に言うな

利いた風な口きくな

すみません

もちろん下種の浅知恵です

会長あなただって本当は

良かったなんて言いたくない

言いたくない

それでもあえて

良かった

あえて言っているのだ

 

会長あなたのお言葉

聞けて良かったです

本当ですよ

だって僕

こんな詩が書けたんですからね

 

さあ帰ろう

早く帰って

子らのために洗濯機を回すぞ

 

                                            2019.1.24

 

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200804052433j:plain

 

火遊びの後に

火遊びの後に隠す

マッチの燃えカス

焦げて縮れた

マッチの燃えカス

箸で生ゴミを摘んで

上から被せて

誰から隠している

何を恥じている

何を燃やしたかった

何を照らしたかった

 

                        2018.3.14

 

 

 

 

 

 

 

 

この詩を読んでくださった方には、今ウインドウの上方に、

透明なキャンドルの写真が表示されていることでしょう。

娘がワークショップで作ったキャンドルです。

今はもうありません。

馬鹿な父親が夜更に火を灯し、

ロウが溶ける様子を見つめていたのです。

どんどん減って、焦がしたりして、

ダメにして捨てました。

 

べつに嫌っていたわけではありません。

今こうして写真を見ると、なかなかだったなと惜しくなるくらいです。

娘も十中八九、気に入っていたに違いありません。

 

余計なことをしたもんです。

噛む

肉を噛む

何の肉かとは弁当に入っていた鶏肉

お肉と言うべきか

 

一口に頬張るではなくあえて

噛む

噛みつく

噛み切る

喰い千切る

前歯で

もう血なんか流さない肉

歯型ではなく

途切れささくれた繊維

木の枝でも折ったその断面のような

 

噛む

わざと

そんなところで

早く呑み込めばいいものを

 

噛みしめているのか

 

                                         2018.1.30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200529060907j:plain

しばらく眺めていた。